取り出しやすいスライド式キッチンへリフォーム(神戸市兵庫区)

毎日使うキッチン、開き扉の収納では使いづらくありませんか?

リフォーム完成

幅285cmの大きなキッチンは収納力はたっぷりあるものの、扉式のため物の出し入れがしにくいのが難点でした。
今回のキッチンリフォームで「LIXIL製リシェル」に取替しました。
LIXIL製キッチンのなかでは組み合わせのバリエーションが一番豊富で、「かゆいとこに手が届く」おすすめの商品です。

リフォーム前のキッチンです。
この開き戸の収納が使いにくく、年数もたつので変えたいとのことでした。

キッチン解体後の写真です。
撤去時は解体時の破片やほこりが飛ぶため、LIXILリフォームショップ 橋本建設では必ず念入りな養生を行います。

工事中の職人さんの動線には保護と汚れ防止のためにこのような養生をします。
床には滑りにくい素材の床養生材を敷き、既存床を傷つけないように保護します。
また、工事範囲外の壁等にほこりが飛ばないよう、ビニール養生を行います。

同じサイズへのキッチン取替リフォームの場合でも、床に接する部分のサイズが既存のものとは異なる場合がほとんどです。
お家によっては、キッチンの足元の床材が足らなかったり、敷いてあるけど汚れがひどく既存キッチンの跡が残ってしまったりします。

LIXILリフォームショップ 橋本建設では、キッチンリフォームの際は床材の張替をおすすめしています。
今回のリフォームでは、クッションフロアを一度はがし、新しいものに張り替えました。
天井は既存の吊戸棚よりリフォーム後の吊戸棚が大きかったため、ビニールクロスを貼り換えずに済みました。

N様邸(神戸市兵庫区)
物件DATA
完成:平成28年5月
工事費:約186万円(税込)
工期:4日