【補助金】神戸市で使えるリフォーム補助金

LIXILリフォームショップ橋本建設では、補助金リフォームにも積極的に取り組んでおります。
神戸市内のリフォーム・リノベーションで利用できる「国や自治体からの補助金・助成金」をご紹介します。

まず、補助金や助成金が使えるリフォームのキーワードは3つ!
今お考えのリフォームが、下記に当てはまった場合は補助金が使えるかもしれません。

1.耐震
2.省エネ
3.バリアフリー

基本的に「水廻り設備の取替え」や「クロスの張替え」「外壁塗装」などは対象外となります。

◆国交省「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

対象:新耐震基準の住宅もしくは耐震工事を含んだリフォームを行う住宅
・特定性能向上工事(劣化対策、耐震、維持管理の容易性、省エネ)を伴うその他性能向上工事(外壁・屋根の改修、バリアフリー、省エネ設備等)、三世代同居対応改修工事

補助額:対象工事費の1/3 最大300万円

◆国交省「断熱リノベ」高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

対象:新耐震基準の住宅
戸建住宅は天井・外壁・床・窓のうち2部位以上の断熱改修
集合住宅はすべての窓の断熱改修
補助額:戸建住宅:対象工事費の1/3 最大120万円
集合住宅:最大15万円

◆経産省「次世代建材」次世代省エネ建材支援事業

対象:個人所有の住宅
指定建材による断熱工事等(断熱パネル、玄関ドア、断熱窓、調湿建材等)
補助額:戸建住宅:対象工事費の1/2 最大200万円
集合住宅:対象工事費の1/2 最大125万円

◆神戸市「すまいの耐震化補助制度」

対象:昭和56年5月以前に着工された戸建て住宅

・無料耐震診断
・耐震改修(設計費補助 最大27万円工事費補助 50万円~130万円
・防災ベッド・簡易耐震シェルター 最大10万円
・屋根軽量化・シェルター 最大50万円
・家具固定 最大1万円 ※65歳以上、障がい者、小学生以下の子供がいる世帯

◆神戸市「バリアフリー住宅改修補助事業」

※人気の補助金です、毎年12月ごろには予算額に達し受付を終了しています。

対象:65歳以上の高齢者がおり、世帯全員が介護認定を受けていないこと。
世帯年収制限あり、持ち家・借家は問わず
対象工事:手すりの取り付け、段差解消など
補助額:対象工事費の1/3 最大6万円(市民税課税世帯) ~ 2/3 最大12万円(市民税非課税世帯)

◆神戸市「介護保険による住宅改修」

対象:住民票に記載のある現在お住まいの住宅
介護認定(要介護または要支援)
バリアフリー改修(手すりの取り付け、段差解消、階段の滑り止め等)
耐震診断の実施
補助額:対象工事費の9/10 最大18万円

◆兵庫県「人生いきいき住宅助成事業」

対象:住民票に記載のある現在お住まいの住宅
介護認定(要介護または要支援)または身体障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方のいる世帯
介護保険の住宅改修工事を行う方
補助額:対象工事費の1/2 最大100万円

◆神戸市「密集市街地建物除却事業」

※建物の解体工事に使える、珍しい補助金です

対象:対象区域内にある昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の解体工事
(灘北西部、兵庫北部、長田南部、東垂水 ※詳しくはこちら)
補助額:対象工事費の2/3 最大128万円

◆神戸市「まちの不燃化促進事業」

※新築工事に使える珍しい補助金です

対象:対象区域内に新築する耐火建築物、準耐火建築物の住宅
(灘北西部、兵庫北部、長田南部、東垂水 ※詳しくはこちら)
準防火地域内であること
2階以下、延べ面積40㎡~500㎡以下であること
補助額:1件あたり100万円

※上記の解体補助との併用が可能です、あわせると補助額 最大228万円とかなりお得です

◆神戸市「危険ブロック塀等撤去助成事業」New!

対象:道路や公園に面している高さが80cm以上の危険なブロック塀
補助額:撤去費用の2/3 上限20万円
※2018/6/18~2018/9/30までに撤去したブロック塀も対象となります

◆神戸市「隣地統合による住環境改善支援」New!

※隣地購入に支給される珍しい補助金です

対象:60㎡未満の土地に現在お住まい、または60㎡未満の隣地購入
取得予定地と自己所有地が2m以上接している
異なる所有者であること
補助額:上限20万円

◆国交省「住宅セーフティネット制度」

※賃貸住宅に使える数少ない補助金です

対象:高齢者、障がい者、子育て世帯の入居受け入れ
家賃上限、募集期間等に制限あり
賃貸にするための設備機器の入れ替え、間取りの変更など
補助額:対象工事費の1/3 最大50万円/戸

公的支援をうまく活用して、お得にリフォームしませんか?
詳しくは、当店スタッフまでお問い合わせください。